美肌効果も期待出来る乳酸菌ダイエット

昔から体に良いと言われている乳酸菌。
特に腸内環境を整えるには、絶好の菌である。
大腸には乳酸菌を含む善玉菌と悪玉菌が生息し、悪玉菌が増えると腸内の老化が進む。
乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性の状態にし、酸性の環境が苦手な悪玉菌を減らしてくれる。

更に腸のぜん道運動を活性化し、消化吸収も促してくれるため、免疫力を高める働きから、花粉症などのアレルギーに、またインフルエンザなどの感染症を予防してくれたりする。
特に、腸のぜん道運動を活性化することで、多くの女性を悩ませる便秘の解消へと繋がる。
腸内環境が悪化していると、様々なトラブルを招きかねない。
便秘だけではなく、お肌にも悪い影響をもたらす。

便秘は、体内に老廃物をためている状態で、長期化すると便の腐敗が進み、有害物質を発生させる。
この有害物質を体外へ排出しようとするが、便によって出口が塞がれているため、逃げ場がなくなり、有害物質は汗や皮脂などと一緒に毛穴から放出される。
本来の肌細胞の機能以上に働かなければならなくなった肌は、有害物質の処理に手間がかかり、新陳代謝が追いつかなくなり、肌トラブルへと繋がる。

また、腸内環境が悪化しているとビタミン不足に陥りがちで、特に、皮膚細胞を活性化させ新陳代謝を促しているビオチンというビタミンの存在は欠かせず、善玉菌が減ってしまうとビオチンの供給量も減るため、肌の新陳代謝が不十分になる。
腸内環境を整えることで、ダイエットにも繋がるのは、特に女性に嬉しいニュースだ。
ダイエットで大事なことは自律神経のバランスであると言われている。
自律神経のうち、交感神経はアクセルの働きを、副交感神経はブレーキの役目をしているが、アクセルとブレーキの両方がよく効いている状態が、自律神経のバランスがとれた状態だと言える。

内蔵の多くは、交感神経が強くなると活発に働くが、胃や腸などの消化器は、交感神経が強いと腸のぜん道運動がうまく行われなくなり、腸が正しく働かなくなってしまう。
交感神経は人が活発的な時に働き、副交感神経はリラックスしたときに働く。
健康であるためには、この交感神経と副交感神経の働きがどちらも高いことが大切なのである。
乳酸菌と定期的に摂取し、腸内環境を整えることで、美肌効果を得ながらダイエットも行う事ができ、一石二鳥である。